腱鞘炎について

 

人体の手の指や手首には筋組織と骨を包む腱鞘という組織が存在しており、腱鞘が滑車となる事によって手首や手先が滑らかに動くようになっていますが、腱鞘炎を発症する事によって不調を引き起こし、日常生活が営むなくなるほどの痛みなどに見舞われます。

 

 

腱鞘炎は原因や炎症を起こしている部位によって痛みや不調を覚える位置が異なり、患者数が多いのは手首や親指の付け根の母指球に腫れや痛みを伴うという症例です。

 

腱鞘炎の症状

 

親指の付け根の母指球や手首に腫れや痛みが生じる症例の事をドケルバン病と呼び、親指を広げたり伸ばすといった動作を行う場合に動かす腱が、腱の周囲を包み込んでいる腱鞘との中間部分にて炎症を起こしている状態です。

 

 

主に手の甲に痛みや腫れが感じられるようになる上に、親指を広げたり曲げた際に手首にも痛みを感じます。

 

腱鞘炎の原因

 

今日において親指の付け根や、手首の腱鞘炎を発症する患者数が増加しているのは長時間にわたりスマートフォンを操作したり、パソコンのキーボードを使用して多くの文字入力をする方が増えているためです。

 

 

また、腱鞘炎はスマートフォンやパソコンを長時間にわたって使用したり、細やかな手作業を続けるというように指を酷使する事が原因になる事例の他に、親指以外の部位に通常とは異なる炎症が生じる事例もあります。

 

ばね指

 

ばね指と呼ばれる腱鞘炎があり、指を動かした際に付け根に引っかかりが生じ、引っかかった後はばねの如く動かした方向に向かって動く様子からばね指と呼ばれています。

 

ばね指は曲げ伸ばしする際に動かす腱が、不必要に浮いてしまう事を予防している靭帯性腱鞘との中間部分において炎症が生じている事が原因であり、患者の中でばね指が生じているのは特に小指が多いです。

 

 

腱鞘炎は時折痛みは感じるものの日常生活が営めないほどではないという方が少なくない上に、ばね指は生まれつきの方も多いので患者の多くは取り分けて対策をせずに過ごしています。

 

しかし、時間が経過すると腱鞘が厚みを増しより一部摩擦による痛みが強まるので、指や手の酷使をしないように心がけ痛みが2週間以上続いている場合は整形外科に訪れましょう。

 

腱鞘炎については当院にお任せ下さい

 

腱鞘炎の痛みにお困りの方は、当院に是非お越しください。

 

施術の専門医が、全力であなたの悩みを解決に導くことをお約束致します。

 

当院は、皆様のご来院を心よりお待ちしております。