顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺はいくつか原因が考えられる疾患で、顔面が上手に動かすことが出来なくなるのが特徴です。顔面神経麻痺を引き起こす原因の一つに、ヘルペスウィルスがあります。脳腫瘍や聴覚に腫瘍があるため顔面神経麻痺になる方がいますが、多くの場合が原因不明です。

 

交通事故による損傷や中耳炎からこの疾患になる方がいるので注意が必要になります。糖尿病や白血病の方が合併症として顔面神経麻痺になるのが特徴です。主な顔面麻痺の症状として、頬の筋肉が動きにくくなります。

 

末梢神経になんらかの問題がある場合は、顔面の半分が麻痺をするのが特徴です。目を閉じるのが困難であったり、口を動かす筋肉に問題が生じるのでよだれが出たり上手く飲み物を飲み込めない状態になるのです。

顔面神経麻痺は40代以降に多い

音が異常に大きく聞こえたり味覚異常を感じる方がいるのが、顔面神経麻痺の症状にあります。男性女性共に発症する可能性があり、40代以降に多い疾患です。早期に治療をする事で症状が改善するので、診察を早めに受けるのが重要になります。

 

中には自然治癒をする方がいますが、後遺症が残る場合があるので治療をすぐに受けるようにするのがポイントです。顔面神経麻痺は珍しい疾患ではなく、40代以降の方がストレスや疲労が原因でかかる場合が多くなります。合併症の可能性がある糖尿病や白血病の方は、注意が必要であり治療が必要です。

 

顔面神経麻痺になったらすずらん鍼灸接骨院へ

すずらん鍼灸接骨院では顔の筋肉へはりで刺激することにより、顔の筋肉の動きを取り戻すことが出来ます。ストレスが原因の方が多いので、首や肩まわりの緊張を合わせてほぐすことにより効果が上がります。原因を解決することでより早い改善が見込めます。

 

当院はプライバシーに配慮して治療させていただきますので安心してご来院ください。

 

グループ院

すずらん鍼灸接骨院は名古屋市に14院、瀬戸市に1院、兵庫県に1院、大阪府に1院、三重県に1院、神奈川県に2院を展開しております。

 

つらい症状や痛みでお悩みの方は、お近くのすずらん鍼灸院までご相談ください。

 

すずらん鍼灸接骨院 グループ院はこちら

黒川East院 黒川駅前院 庄内通院 浄心院 中村公園院 名駅院 高畑院 伏見院 平安通院 上飯田駅前院 上飯田院 大曽根院 本山院 天白区原駅前院