首こりについて

首こりの原因を取り除くためには日々の運動が大切にです。何もせずに普段通りの生活を過ごしていても、改善をすることは難しいです。

辛い痛みをそのままにしておくと日常生活に支障が出てしまうかもしれません。だからこそ手軽にできるストレッチなどを取り入れて、改善できるように行動をするべきです。

手軽なストレッチであれば、ちょっとした時間の隙間を有効活用しながら行うことも可能です。休憩時間や寝る前など少しの時間でも、運動やストレッチを行うと肩の重さが取れて過ごしやすくなります。

 

腕を上げて首を回すだけでも効果的

激しい運動は苦手だと感じている方も手軽に行える方法なら、負担に感じずに続けて行うことができるので安心です。長時間同じ姿勢でいる時には腕を上げて首を回すだけでも効果的です。少しでも首を動かすだけで気分転換になります。

そしてその他には、ストレスを溜め込まないこともとても大切なことです。嫌なことがあった時にそのことばかりを考えていると身体にも不調が表れてしまいます。

だからストレスに感じることがあれば、レジャーなどの好きなことを楽しんだりすることも必要です。

 

メリハリのある生活を

休日は仕事のことなどを忘れて、メリハリのある生活を過ごしていると首こりの原因を取り除いて快適な生活を過ごせるようになります。

痛みから解放されると気持ちも前向きになり、笑顔で過ごせて充実します。首こりはどうすることもできないからと諦めてしまってはいけません。

 

首こりでお困りの方は当院へご相談ください

首こりは日常的に無理な姿勢をとっていたり日々の運動不足が原因となることが多くあります。自分ではなかなか対処ができないのであれば、専門家にアドバイスをもらうことが良いです。

首こりでお悩みのかたはお早めに当院へお問い合わせください。

寝違えについて

睡眠から目覚めると寝違えてしまっていて、首に痛みを感じることがあります。その直接的な原因は、寝ている間に頭を無理がある向きで長時間固定してしまったなどの負担です。

そして就寝中に首に負担をかけてしまうようになる間接的な原因はいくつも考えられます。ひとつは睡眠時の姿勢が悪いことで、枕によって無理矢理頭が理想的でない位置に動かされると寝違えやすいです。

 

首で分散されなかった負担が寝違えに繋がる

また身体は睡眠中に何度も寝返りを打ち、身体の一部に負担が集中してしまうのを防ぐのが自然な状態です。しかし睡眠スペースが狭すぎると上手く寝返りが打てなくなるため、首で分散されなかった負担が寝違えに繋がってしまいます。

その他にも寝違えるほどの体力がないほど身体が疲れていたり、酔っ払っていると寝返りの回数が減るため、同様の寝違えが起こりやすいです。

 

内部では炎症が起こっている

異常が発生しているのは主に首の筋肉や靭帯といった組織で、内部では炎症が起こっているので痛みを感じます。つまり首に柔軟性が不足していると傷みやすいです。そのため肩こりや冷えなどにも注意しなければなりません。

寝違えで発生する痛みはその炎症由来であることがほとんどなので、それが治まれば症状らしい症状はなくなり、数日間安静にしていれば治ることが多いです。そして考えられる原因に対処して、起こらないように予防しましょう。

 

寝違えでお悩みの方は一度当院へ

ただの寝違えと同じ原因であっても、無理な力の大きさや働く角度によって、首の骨折やヘルニアにもなりえます。それはもはや寝違えとは呼べないほどの症状で、神経までが傷んでいると手足のしびれなども引き起こします。

寝起きで首に違和感を感じたなら早い段階で当院へお越しください。

五十肩について

中高年になり動かしていないのに肩が痛い、肩が上がらなくなったといった症状が見られ始めたら、五十肩が原因かもしれません。50歳代を中心に発症する五十肩になると、激しい痛みを感じたり可動域が狭くなったりします。

こうした症状が50歳代を中心に見られるのは、老化が原因と言われています。肩の関節内にある腱板が炎症を起こして関節包に広がり、肩を上げたりしたときに激しい痛みを感じるようになると言われていますが、ハッキリとした原因はいまだ判明していません。

 

五十肩の原因は断定できない

老化により筋肉や腱の柔軟性が失われてスムーズに動かなくなるから発症するとも言われていますが、原因は断定できないのが五十肩です。ちなみに四十肩も五十肩と同じ症状で、原因も同じく不明です。

発症する年齢に応じて、症状の名前が変わっているだけです。五十肩になると肩甲骨と上腕部を繋ぐ部分に痛みを感じるので、日常生活のちょっとした動作も辛くなります。

 

五十肩の症状の詳しい説明

 

具体的には洋服を着替えるときに腕を上げるだけで痛みを感じたり、シャンプーや歯磨きも難しくなります。

女性なら髪を後ろに束ねる動作や洗濯物を干したりするだけで症状が出ますから、日常生活のあらゆる動作で肩が気になるでしょう。原因はハッキリと解明されていない五十肩ですが、治療法は確立されています。

 

五十肩の治療法

五十肩の治療法にはストレッチや振り子運動などの運動療法、患部の血行を改善する温熱療法、炎症を抑える慣例両方の3つです。それぞれの方法を症状に合わせながら、使い分けたり組み合わせるのが一般的な治療法です。

 

五十肩でお悩みの方は当院へお越しください

五十肩が発症してしまうと日常生活で常にストレスを抱えることになってしまい肩以外にも問題のある個所が出てきてしまうかもしれません。

肩に違和感を感じたらお早めに当院へお問い合わせください。

難聴について

難聴は年齢とは関係なく、誰にでも起こりうる病気です。突発性難聴や小児難聴など、様々な種類があります。

 

病院で受診すれば、症状と原因について把握できます。先天性難聴は子どもがかかります。1000人に1人から2人の割合で発生します。

 

難聴の原因

先天性の障害で、原因は大きく分けて3つあります。

 

3つの原因とは遺伝子の異変と妊娠中の母親の病気、出産前後の異常です。 音が聞き取りにくくなるだけでなく、言語能力に影響が出る可能性もあります。妊娠前に予防接種を打つなどの対策が可能です。

 

突発性難聴とは?

突発性難聴は、突然発症します。突然異変が起こり、多くの場合は片耳が聞こえなくなります。耳は、音の振動を電気信号に変換する機能を持っています。鼓膜の振動が骨を伝わり、内耳で振動が電気信号に変換されます。

 

変換された電気信号は脳に到達して認識されますが、到達までの家庭で障害が起こると難聴になります。突発性難聴は症状が出る年齢層の幅が広く、特に40代から60代の患者が多いです。

 

難聴でお悩みの方は当院にお任せ下さい!

聞こえにくさは患者によって異なり高音だけが聞こえない人もいれば、まったく聞こえない人もいます。ストレスや睡眠不足、過労などが重なると起こりやすいです。

症状が自然に回復することは少ない為、そのような症状でお困りの際は当院にお任せ下さい。

難聴でお悩みの方は、当院にお越しください!心よりお待ちしております。

耳鳴りについて

頭痛や腹痛や下痢や胃痛や吐き気や発熱や倦怠感や神経痛や関節痛や筋肉痛やめまいや動悸など、日常的に頻繁に起こり得る体調不良には様々なものがありますが、突発的に起こる耳鳴りもその一つです。

 

耳鳴りの原因

耳鳴りの症状と原因についてですが、耳の奥で絶え間なく不快な音が鳴り続け頭に響くような症状が出ます。

 

メニエール病とは?

原因は様々で、突発性難聴やメニエール病や中耳炎や高血圧や自律神経失調症や貧血などの疾患から来ている場合もあります。

 

加齢による聴力の低下や耳の中に溜まっている耳垢やストレスや過労や寝不足や大きな騒音などが原因の場合もあります。対策を講じる前に、自分の耳鳴りの原因が何なのかを特定することが肝心です。

 

耳鳴り以外に吐き気や嘔吐などの症状があり平衡感覚に異常を感じる場合はメニエール病の可能性が高いですし、片耳にだけ耳鳴りの症状があり音が聴こえにくくなったりめまいを伴ったりする場合は突発性難聴の可能性があります。

 

耳鳴りについては当院にお任せ下さい!

精神面の不調もあるなら自律神経失調症を疑うべきですし、頻脈や息苦しさや動悸や立ち眩みなどの症状も同時に出ている場合は貧血を疑うべきです。

突発性難聴やメニエール病を患っているなら早めの治療が必要になりますので、すずらん鍼灸接骨院にお越しください!心よりお待ちしております。