TFCC損傷について

スポーツや手首を使う仕事、加齢などによりTFCC(三角繊維軟骨複合体)がダメージを受けるとTFCC損傷を発症します。手首の小指側に痛みが生じます。

 

TFCC損傷の原因

日常生活では、包丁を持った時に痛みが出る可能性があります。手首の痛みや腫れ、可動域の制限などTFCC損傷の症状は患者によって様々です。
TFCC損傷の症状が出ている場合は画像検査を行い、損傷の程度を確かめます。治療は保存療法が基本で、手関節装具を使って関節を安静に保ちます。
TFCC損傷の治療では、ストレッチやトレーニングなどのリハビリテーションも行います。

 

損傷部に異常な血管と神経が増えると、強い痛みが出る原因になります。強い炎症が起きて痛みが出ている場合は、異常な血管を対象に適切な治療を施します。
ストレッチやマッサージを併用すると、手関節の小指側に対するストレスを減らせます。肘から手にかけて筋肉のマッサージを行い、柔軟性を保つことも大切です。
手のひらのマッサージで筋肉の柔軟性を高めると、手関節のストレスも軽減できます。

 

TFCC損傷でお悩みの方は当院にお任せください

TFCC損傷は使い過ぎを防止し、安静に過ごすことが重要です。当院では今ある痛みを取るのはもちろん、症状が慢性化しないような施術を心がけています。ひとり一人に合わせた治療でお悩みを解決いたします。痛みを感じたらすずらん鍼灸接骨院へご相談ください。

グループ院

すずらん鍼灸接骨院は名古屋市に19院、瀬戸市に1院、知立市に1院、大府市に1院、兵庫県に1院、三重県に2院、東京都に1院、千葉県に1院、神奈川県に2院を展開しております。

 

つらい症状や痛みでお悩みの方は、お近くのすずらん鍼灸院までご相談ください。

 

すずらん鍼灸接骨院 グループ院はこちら

黒川East院 黒川駅前院 庄内通院 浄心院 中村公園院 名駅院 高畑院 昭和橋通院 伏見院 熱田千年院 平安通院 上飯田駅前院 上飯田院 大曽根院 本山院 星ヶ丘院 池下院 天白区原駅前院 御器所院