脊柱管狭窄症について

背骨・椎間板・関節などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルのことを脊柱管と言います。

 

加齢や労働、背骨の病気などの影響で変形した椎間板が脊柱管を狭めて神経を圧迫し痛みや痺れが起こすことを脊柱管狭窄症と言います。

 

ほとんどの場合は加齢やホルモンバランスの崩れによって脊柱管を取り囲む組織が脆くなるのが原因です。

 

椎間関節の骨は、長い年月の間負担が掛かるので変形の症状は個人差があり日常生活の仕方や遺伝的な要素も関係してきます。

 

背骨への負担を減らすのが重要

加齢による身体の変化に対応するのは難しいのですが、日頃から運動するようにして筋力を付けることで労働や姿勢の悪さによる背骨への負担を減らすようにするのがとても重要です。

 

歩けなくなるなど、日常生活に支障をきたすほど脊柱管狭窄症を放っておくと排尿障害や排便障害が起きてしまいます。

 

ここまでくると手術しても神経にダメージが残って元に戻らなくなってしまいます。

 

脊柱管狭窄症ならすずらん鍼灸接骨院へ

すずらん鍼灸接骨院では全身の神経の流れを良くし、症状を無くすことが可能です。

 

脊柱管狭窄症では、首周辺の筋肉が重要になります。

 

首周辺の筋肉をしっかりゆるめることにより、腰や股関節の動きが良くなり、症状が消えていきます。

 

その他の部位も施術をし、全身しっかり施術することで症状が改善されます。ぜひすずらん鍼灸接骨院にご相談ください。

 

ご予約・お問い合わせ

tel:052-715-7427

ご予約はこちら

line予約
line予約
  • 営業時間

    ▲日曜日は10:00〜17:00まで。

千種区 池下すずらん鍼灸接骨院

〒464-0848 愛知県名古屋市千種区春岡1-4-24

tel:052-715-7427